読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超オリンピック競技選手の紹介

超オリンピック競技選手の紹介

陸上競技(Athletics)

★★日本人代表選手

福士加代子(Kayoko Fukushi)
【女子マラソン/ワコール】

陸上競技では、日本史上初の4大会連続出場だが、マラソンは今回が初。

代表選考レースになった2016年1月「大阪国際女子マラソン」では、日本陸上競技連盟が設定する派遣記録を13秒上回る2時間22分17秒の好タイムで優勝、代表入りを決めた。


陸上女子選手としては日本人最多の4大会連続五輪(リオ五輪を含む)を果たす。

しかしマラソンでは、北京五輪、ロンドン五輪では選考レースで大失速し、メダル候補と言われながらも五輪出場ができなかった。



田中智美(Tomomi Tanaka)
【女子マラソン/第一生命保険】

2016年3月の名古屋ウィメンズで、日本トップの2位、2時間23分19秒で初の五輪代表入りを決めた。

2014年「横浜国際女子マラソン」で優勝。



ケンブリッジ飛鳥(Aska Cambridge)
【男子100m/ドーム】

ジャマイカ人を父に持つ23歳。

大学2年生でジャマイカに短期留学し、海外選手を見て肉体改造開始。

2016年世界選手権で優勝。



飯塚翔太(Shota Iizuka)
【男子200m/ミズノ】

「和製ボルト」のごとく、力強い走りの選手。日本選手権で日本歴代2位の20秒11で優勝。



高瀬慧(Kei Takase)
【男子200m/富士通】

大学卒業後、200mで記録を伸ばすようになった。

2015年世界選手権で、男子200m準決勝進出を果たす。



桐生祥秀(Yoshihide Kiryu)
【男子100m/東洋大学】

高校3年生で日本歴代2位の10秒01。

2016年日本選手権にて、右足のアクシデントで3位。



山縣亮太(Ryota Yamagata)
【男子100m/SEIKO】

前回「ロンドン五輪」で、日本人五輪最高記録の10秒07を記録し準決勝進出。

しかしその後ケガに悩まされたものの、2016年日本選手権で2位となり、代表入りを果たす。



(参考文献:NHKウィークリーステラ臨時増刊8/29号/NHKサービスセンター,2016)
(参考文献:リオ五輪大展望お茶の間発リオ行き!/ベースボール・マガジン社,2016)